花粉症真っ只中!

鼻水たらし帽子 めがね マスク の3重苦背負い、いざ京都へ

おいでやす!

発生学の勉強にいってきました。

医学専門教育を10年受けたわたしでもこの学科としては初

受胎から人ができあがるまで

いや人類誕生の歴史をわずか10月10日で再現している

この過程

まさにバイオダイナミクス パラダイム

今世界はパラダイムシフトの真っ只中

その小宇宙を十分に満喫させてくれる

生物や解剖学でさわりは勉強したものの総論です。

今回は各論。

体が内・中・外胚葉という3つの組織が複雑に絡み合って体を構成する様はまさに芸術。

じつに日頃の臨床ではこの中胚葉をうまくアプローチするかが診断・施術に重要なのかミクロのレベルで感じた。

いろんな治療法が巷には溢れてますが膜や結合組織、リンパ系及び循環系
免疫 神経系などいかにわたしのアプローチが中胚葉とかかわりが深いか
そんな治療法に今たどり着いていることに本当に感謝してます。

たぶん今世は勉強で終わりそうです。