2006年12月

私は薬剤師でもあります。いつも患者さんを拝見して感じるのはこの人の体内で今どのように薬が作用しているのだろうということです。薬は自律神経免疫システムにおおいに影響するとくに交感神経を過緊張にする。これは多くの治療家はただ単にマッサージをしたりするので弊害をまぬがれている。ところが副交感神経優位の人いわゆるリンパ球型の人間に単なるマッサージをしてしまうときづかなかったではすまされない。

体の中心軸や足にブレや機能障害があると力が入りにくくなったり、動きが低下するものの本人はまったく気がつかない。これを当院ではホリスティックコンディションや靴への足機能を測定したうえでの足底板の挿入により簡易にチェックから解消までを行うことができる

↑このページのトップヘ